T-Photography

写真をもっと考える。

「初心者は単焦点を使うべき」は違うと思う

 

よく、「初心者は単焦点を買って写真を練習しよう」とか「単焦点を使うと上達するよ」とかいうアドバイスがある。

僕は、この意見には基本的に賛成はしない。絶対間違ってるとも思わないが、いろいろ語弊のある言い方だと思う。

 

練習になるかは使い方次第

ズームにも単焦点にも、それぞれの良さがあるから、単焦点の方が練習になるっていうのは、かなり一面的なアドバイスだと思う。

よく言われるのは、「その画角の感覚が身につく」とか「足で構図を取るようになる」とか。それは確かにそうかもしれないけれど、この根拠のどちらも、ズームレンズでも同じ練習は可能。

画角に関しては、ある焦点距離にズームして、ズームリングにマスキングテープでも貼っておけば済む話だし、足で構図を探すなんていうのは完全に意識の問題なので、どのレンズを使っているかなんてどうでもいい。

(個人的にズームレンズを使っている方が、簡単に画角を変えられるので、よりいろいろな構図を気軽に試せると思っていて、構図取りの練習であればむしろズームレンズを使うべきなのでは? と思わないでもない。けど、初心者だとそれが混乱の元になるから、とりあえず単焦点で、ということなのかな、と理解している。)

 

とにかく、上達するかどうかは基本的に意識の問題であって道具の問題ではない。

僕の周りにも単焦点を買う人もいれば、キットズームでずっと撮っている人もいるけれど、それと良い写真を撮ってるかどうかは全然関係ない。

 

 

「ボケとパース」「フレームとアプローチ」

単焦点は絞りが開けるから「ボケ」という意味で表現の幅が広がるし、ズームなら瞬時に「パース」を締めたり広げたりできるので、それも表現の幅を広げる。

なので、練習という意味で「単焦点とズーム」は、「ボケかパース」かという対比になっているのではないか。

もしくは、「フレーム(画角)」を固定してその感覚を身につけるのが単焦点だとすれば、目の前に現れた光景にどう「アプローチ」するのかをいろいろ試せるのがズームなのではないかなぁ、と個人的には思っていて、だからどっちも一長一短。

(もちろん、オーバーラップする部分はある)

 

「フレーム」って写真の原理原則なところがあるから、そこを固定してその感覚を身につけるのは大事なことで、そういう意味で単焦点は良い。それこそ日常の中で見つけたものでも「こうフレームに収まるかな」と想像できれば、カメラを持っていなくても写真の練習ができる。

また、ある光景にどう「アプローチ」するかも、同じく写真にとっては重大なことなので、瞬時に画角を切り替えながら、いろいろなアプローチを試せるズームも、それはそれで良い。

変な話、ズームを使ったら足を使わなくなるなんて僕には想像できない。ズームにはズームの動きがあるし、単焦点には単焦点の動きがある。

 

つまり、どっちでもいい

だから、初心者の人は「単焦点買った方が練習になるらしいけど・・・」と悩まなくていいと思う。「使いたい!」と思ったら買えばいいし、ズームで楽しめるならそれでいい。

単焦点は魔法の練習道具ではない。練習効果はズームと同じ。楽しめる方で撮ればいい。

単焦点使えば上手くなる」っていうのは、「留学すれば英語ペラペラになる」みたいな誤解で、実際は意識の問題。

(邪推すると、「画質が良い=良い写真」という勘違いや、「ボケの有る写真=レベルが高い」みたいな、初心者が自分の写真を見たときに陥りがちな錯覚も、この単焦点上達説に寄与しているような気がする。

僕自身も単焦点を使うと上手くなったように思っていたが、時が経って、今、昔の写真を見返すと、ズームも単焦点も、写真の出来に大差ない。結局は構図や被写体、現像(レタッチ)の良し悪しだな、という感じ。)

「どのカメラやレンズを使うか」っていうのは、「どれだけ目の前の光景をちゃんと見ているか」とか、「撮った写真をどれだけ丁寧に見返すか」っていう事に比べれば、(少なくとも最初のうちは)大した問題じゃない、と僕は思う。

広告を非表示にする